2006年01月02日

【クラシック】のだめカンタービレ これ『クラシック』なのに反則的なおもしろさです!

以前、友人から教えてもらったマンガです。

聞き慣れないタイトルだっただけに、なぜか頭に残っていました。
コンビニ通って雑誌、本を立ち読みするのが日課の私。

当然、正月だって関係なし。

ふと、見つけてしまったんです。


『のだめカンタービレ』



のだめカンタービレ(1)
二ノ宮 知子

講談社
2002-01
売り上げランキング 85

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


おすすめ度 

司法試験勉強中の友人から教えてもらった一冊。
『クラシック』と聞くと敷居の高さを感じますが、こんなに楽しく笑えるモノがあったなんて。しかもすでに14巻まででてるし♪のだめみたいな天然な女の子と仲良くなりたいですね(笑

他にも紹介しています
マンガ

マイショップを見る




のだめカンタービレ (2)
二ノ宮 知子

講談社
2002-04-12
売り上げランキング 111

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


おすすめ度 

『大爆笑クラシック』を通して、『決断』『方法は一つではない』と言うことを学ばせていただきました。気づきは、情報に触れる人が、どういった”視点”をもっているか、ということでいくらでも変化します。腹を抱えて笑いながら、自分が焦点を合わせている問題の解決におすすめです(笑

他にも紹介しています
マンガ

マイショップを見る


posted by ニート at 00:11| Comment(0) | TrackBack(2) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「のだめカンタービレ」作・二ノ宮知子を読んで
Excerpt: 私は、人を笑わすことに長けた「コメディアン」な人々をリスペクトしている。どうしようもない悲しみも絶望も苦しみも極上の「笑い」は、例え一時だとしても忘れさせてくれるから。それに、人を「笑わせる」というの..
Weblog: スタヂオ学び舎日誌
Tracked: 2006-01-05 10:57

『のだめカンタービレ』
Excerpt: 失礼します。トラバさせてください。 いわずと知れた人気漫画のドラマ化!ドラマを見るまで、超人気漫画だってこと知らなかったんだけど(笑月9にしては、新しい試みを感じ
Weblog: 漫画無料館
Tracked: 2007-01-21 22:59
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。